Fusion

BLITZで雷を作ろう!【Reactor】

いい感じの稲妻や電気のエフェクトが作れるBLITZを使って、ちょっと二次元ぽさも出しつつ雷を表現してみましたので作成方法を紹介いたします!

どうやったら雷っぽくなるかなとか、鬼滅の刃の世界観にマッチするかなといったことを自分なりに考えてみたので、何かしら参考になったりアイデアのタネになる要素が見つかれば幸いです^^

BLITZは、Pirates of ConfusionというYouTubeチャンネルでFusionのノウハウを発信しているVitoさんが公開しているツールで、Reactorまたはこちらのサイトから入手することができます。

この記事で紹介するBLITZの使い方はかなりアレンジしているので、基本の使い方や導入方法についてはNsFarmさんのこちらの動画を見てみてください!わかりやすく説明してくださっています。

作成した動画はざっくり以下3つのシーンに分かれていますが、ここでは①の雷バチバチさせるエフェクトを作成した方法について紹介します。

  1. 雷バチバチさせつつ構えて
  2. “シュンッ”と消える
  3. からの、月を真っ二つに。霹靂一閃!

Settingsファイルはこちらからダウンロードいただけます。遊んでみたい方はどうぞ!
(Mediainのところに①の画像を保存して適用するといい感じになります。)

そもそもReactorって何?という方やReactorのインストール方法を知りたい方は以下の記事で解説していますので、こちらもぜひご参照ください!

BLITZの使い方

BLITZでは描画する稲妻の始点・終点太さ、時間当たりに形が変化する頻度などを設定することができます。

まず初めにそれぞれのパラメータでどのように設定することができるのかを確認していきましょう!

パラメータ

BLITZでパラメータを設定/変更した後は「Reload」ボタンをクリックして出力を得る必要がありますので忘れないようにしておきましょう。

Reloadするたびに稲妻の形が変化するため、意図した形状を得られるまで何度かポチポチしてみてください。逆に言うと、この形状がいい!と思ったらいったんそのままにしておいた方が良いかもしれません。

この点についてはBLITZを配布しているPatronのサイトでも以下のとおり言及されています。

it is currently not possible to assure you always have exact the same lightning shape. It means, every time you tweak something, the lightning’s shape will change. Usually this is not an issue as most shape will look natural. 

現在、常に完全に同じ稲妻の形をしていると保証することはできません。つまり何かを微調整するたびに、稲妻の形が変化します。ほとんどの形状は自然に見えるため、通常これは問題になりません。 

www.patreon.com
  • Start Position:稲妻の始点を設定します
  • Stop Position:稲妻の終点を設定します
  • Point Density:稲妻を1本の線と考えたときに、折れ曲がるポイントの数を設定します。値を小さくするとまっすぐに近くなり、大きくするとより曲がるポイントが多くなります
  • Splitting Position Randomness:稲妻が折れ曲がるポイントの間隔のランダム性を設定できるようです。小さくすると比較的等間隔に、大きくすると変化するポイントの間隔がまばらになるように感じます
  • Amplitude:稲妻のくねくね感を設定できます。小さくするとまっすぐに、大きくするとくねくね度合いが増します
  • Amplitude Turbulence:値を大きくすると、くねくね感がマイルドになる気がします
  • Smoothness:値を大きくすると若干滑らかになるような気もしますが、正直よくわかりませんでした笑
  • Energy:稲妻の太さ(大きさ)を設定できます
  • Energy Randomness:値を大きくすると、Energyの設定にランダム性を追加できます
  • Energy Falloff:値を大きくすると、稲妻の終端に近づくにつれて稲妻を細くする(減衰させる)ことができます
  • Phase Change Rate:稲妻の形を変化させる頻度を設定できます。値を小さくすると頻繁に形を変え、大きくすると時間が経過しても形状が維持されます
  • Phase Flow Rate:元の形は維持したまま、稲妻にゆらゆらと電流っぽい動きを設定できます。値を大きくするほどゆらゆら感が増します
  • Phase Flow Radius:Phase Flow Rateで設定したゆらゆら感の振れ幅を設定できるような気がします
  • Progress:Text+の”Write On”みたいな設定です。稲妻をちょっとずつ表示させたい、消したい場合に使えます

「Branching」メニューでは、稲妻の枝分かれする部分に関する設定を適用することができます。あまり細かくはいじらなかったのですが「Branch Length」のパラメータを調整すれば稲妻の枝分かれする部分の長さを調整できます。

「Styling」メニューでは、「Lightning Bolt Color」で稲妻の色を、「Exponential Glow」で稲妻の光具合(拡散する光の部分)の色を設定できます。

ひとまず、この辺がわかっていればBLITZを使うのに困ることはないと思います!

雷を作ってみる

前置きが長くなりましたが、さっそく雷を作ってみましょう!

はじめに善逸の手元で青白くバチバチしている稲妻を、その次に後ろでピカピカしている黄色い雷を作成していきます。

青白く細い稲妻を作る

こちらのとおり、善逸の手元で光っている稲妻の作成方法について解説します。

ノード構成は次のとおりです。FastExpoGlowというツールを使用しているため、予めReactorから追加しておきましょう。基本的な構成はBLITZのデモCompファイルを参考にしています。

1. Backgroundノード

まずBackgroundノードを用意します。BLITZを使用するにはInputが必要みたいなので、背景色は黒(デフォルト)で、Alpha「0」に設定してBLITZに接続します。

2. BLITZノード

意図した形の稲妻を作るために、以下のフローで進めていきます。

  1. 稲妻の始点と終点を設定する。善逸が持っている刀の端から端にかけて配置
  2. AmplitudeとAmplitude Turbulenceをイメージに近い値に調整。今回はデフォルトよりもそれぞれ大きめの値を設定
  3. 稲妻の形にメリハリをつけたいので、Energy Falloffの値を大きめに設定
  4. Phase Change Rateは、スピード感を出したかったので小さめの値(0.2)に設定
  5. Phase Flow RateとPhase Flow Radiusは、値が小さいと動きが少ないためやや大きめの値を設定
  6. 稲妻の色は、「Styling」メニューのLightning Bolt ColorとExponential Glowで青っぽく設定

ここまでの設定で、おおよそ期待した形の稲妻ができあがります。

あとは稲妻感を出すための味付けとして、Progress(Write Onみたいな設定)にキーフレームを打って稲妻を出したり縮めていったりと設定しています。

3. Rectangleノード

稲妻はずっと表示させ続けてしまうと稲妻っぽくないというか、電流ビリビリみたいな感じになってしまいちょっと思い描いた出力にならなかったので、BLITZノードのマスクとしてRectangleノードを追加し、稲妻の表示/非表示を設定します。

雷っぽさを出すためには適度に何も表示しない時間を作ることが重要だと思ったので、マスクすることでこれを実現しています。

4. Brightness Contrastノード

稲妻をいい感じに光らせるためBrightness Contrastに接続し、GainやGamma、Contrast、Saturationの値を上げて、Brightnessを調整のため下げています。

今回は鬼滅の刃っぽい、二次元っぽい感じを出したかったので稲妻に縁取りをするためにBLITZノードから分岐して設定を行っています。続いてその部分について解説します。

5. Bitmap+Background+ErodeDilateノード

稲妻の形を縁取るため、BLITZの出力をBitmapに接続して稲妻の形を取り出し、Backgroundに接続して黒い稲妻を作成、その後ErodeDilateに接続して黒い稲妻を膨張させています。

これを先ほど4.で作成した稲妻とMergeノードで合成(Apply Mode:Dissolve)することで縁取りされた稲妻のような見た目を得ています。

なおErodeDilateで膨張させると稲妻の終端部分が膨張しすぎてしまったのでRectangleノードでマスクして終端部分は膨張しないように調整しています。

6. FastExpoGlowノード

最後の味付けとして、FastExpoGlowでいい感じに光らせて完成です!

Mergeノードで映像と接続し、このあと作成する背景の黄色い雷とマージして最終的な出力を作っていきます。

背景の黄色い雷を作る

続いて善逸の背景にある黄色い雷を作成します。

基本的な作成フローは先ほどの青白い稲妻の作り方と同じですが、異なる部分をピックアップしてご紹介します。

BLITZノード

Energyの値を大きめにして、力強い雷になるようにしています。

できればもっとカクカクした鋭い感じの雷にしたかったのですが、BLITZでは若干丸みを帯びた(木の枝みたいな)感じの出力になるようです。もしかしたらどこかの設定で調節できるかもしれません。

雷の色味は「Styling」メニューで黄色っぽく設定しています。

Polygonノード

黄色い雷は善逸の後ろに配置したかったので、Mergeノードに対してPolygonノードでマスクをかけることで、善逸にかぶる部分は隠れるようにしています。

雷っぽさを出すために

BLITZを使えばいい感じに稲妻・雷を作成することができますが、躍動感も出しつつ雷っぽさを演出するにはどうすれば良いかなと考えました。(しばらく、BLITZの出力をじーっと見ながら考えました^^)

結果として雷を表示する時間、表示しない時間をうまく使うことで実際の雷に近い見た目を得られるような気がしたので、BLITZノードをRectangleノードでマスクして雷の表示/非表示をコントロールしています。

極端な例ですが、雷を表示しない時間を設けずにずっと表示しっぱなしにすると次のようになります。

これでも雷っぽくはあるのですが、どちらかというと電気ビリビリ感が強くて雷ゴロゴロ!ピカッ!という感じが足りないように思います。

私のフィーリング100%なので、これがベストということはありません!ちょうどよい加減を見つけられるといいですね。

そのため、出力を見ながら適度に表示しない時間も設けていい感じの「間」を作ってあげることが雷っぽさを出すために効果的なのではないかなと考えています!

さいごに

かっこいい稲妻を作ることができるBLITZ、いつか使いたいと思っていたのですが雷の呼吸っぽいエフェクトを作成できるんじゃないかなと思い立って着手しました。

ツールの使い方自体はそんなに難しくなかったので悩むことは少なかったのですが、雷っぽさをどのようにして表現するかを考えるのに時間を使いました^^

ちなみに素材として使用した動画は、月の画像を表示させたモニタの前に善逸の人形を置いて、撮影しながらピントを善逸から月にずらしていって・・・という風にして作成しています笑

以上です!